包茎は治る!諦めずに病院へ

包茎は病院で治療を受ければ治せる

包茎を放置しておくと包皮と亀頭の間に汚れなどが貯まりやすくなってしまいます。その結果包茎でない人と比べて衛生状況が悪くなって病気になりやすい環境になってしまいます。包茎である事で細菌が繁殖しやすいので、そのままパートナーと性行為に及ぶとパートナーの病気を引き起こす原因にもなってしまいます。
病院に通院する事で包茎は治せるので、改善したければ病院に相談にいくべきです。皮を切る方法での治療だけでなく、メス入れない手術もあります。メスを入れない手術には医療の糸を使って引っ張る事で皮がむけた状態を作りだす方法が主流です。同じ包茎でも状態によって最適な利用法は違うので、まずは医師に見てもらって治療法について相談すると良いです。

包茎でも手術が必要ない事もある

包茎にはいくつか種類があって完全に皮が被っている真性包茎や普段は皮を完全に被っているものの皮を剥こうとすれば剥けるが痛みがあるのがカントン包茎です。この二つは特に弊害が多いので、もし真性包茎やカントン包茎の場合は迷わず手術をした方が良いです。
一方で埋没包茎という下腹部にペニスが潜り込んでしまう包茎や仮性包茎といって先端は剥けていて、勃起時は問題なく全て皮が剥ける包茎があります。仮性包茎に関しては必ずしも手術が必要という訳ではないので、一度医師に診断してもらって治療を検討する方が良いです。埋没包茎は減量をする事で改善する事もあるので、必ず皮を切除する治療が必要ではありません。医師に相談して改善策を行っていき最終手段として手術の可能性もあります。