痛みや治療痕は?人に聞けない手術への不安

麻酔をするので痛みを感じない事がほとんど

包茎施術をクリニックで実施する際、痛みに不安を感じる男性も多いです。安心してもらいたいのは部分麻酔をするケースがほとんどなので、痛みを感じないで施術が進んでいきます。その為、施術中は痛みを感じないケースがほとんどでいつの間にか終了しています。問題は施術後で、痛みが発生しないように施術を実施してくれますが状況によっては、痛みを感じる可能性があります。
痛み止めを使用して痛みを改善するのが一般的ですがそれでも改善できなかった場合、包茎施術をしてくれたクリニックに相談する事が大切です。基本的に痛みを感じないように対応してくれるのがクリニックですが万が一の事態に備えており、迅速にサポートできるように環境が整えられています。

深刻な包茎の場合は跡が残る可能性

比較的症状の軽い包茎の場合は、ほとんど跡が残らないケースがほとんどです。しかし真性やカントン包茎は、かなり深刻な症状なのでどうしても跡が残ってしまいます。大きな跡にはならない為、よくチェックされないと跡が分からない事がほとんどです。どのくらいの跡が残るのかは包茎施術を行っているクリニックで異なってくるので、気になる方は包茎施術を受ける前に確認する事が大切です。
以前と比較しても包茎施術の後は残らないように技術が向上しています。それでも深刻な包茎状況の場合には、施術を受ける事で跡が残ってしまうので、ある程度覚悟しないといけないです。傷跡に関しても男性によって、回復力が違っている為に回復するまでに時間がかかってしまう時もあります。